家づくりをする前から知っておくと役立つ!?新築の住まいの雑学をご紹介

このサイトは家づくりをする前から知っておくと役に立つ新築住まいの雑学を紹介することによって、理想の家を建てるにはどうしたら良いか詳しく理解できるように工夫しています。
無垢フローリングなら天然木の香りを取り入れるのが良いのですが、その方法に関して詳しく載っているので大変役に立ちます。
また内装で選びたい壁材の種類についても色々と情報が載っているのでそれも確認することができますし、その他にも必要な情報を掲載しているのでとても評判が良いです。

家づくりをする前から知っておくと役立つ!?新築の住まいの雑学をご紹介

家づくりは大変で何から手を出したら良いか分からないこともありますが、そういった時に役に立つのがこのサイトで初歩から詳しく載っているので様々なことを楽しく学ぶことができます。
特に新築の住まいは慎重に考えることが多く少し神経質になってしまうこともありますが、フローリングの良さを中心に知って得する情報を掲載しています。
新築の住まいで選びたい内装の壁材についても難しいことが多いのですが、このサイトを利用することにより疑問を解決することができて大変便利です。

新築の住まいを建てるときの地鎮祭とは?

新築の家を建てる時は、必ず地鎮祭をするのが習わしとなっています。
何となくしないといけないのは理解できているけれども、なぜ執り行うのかは分からない人がほとんどといえそうです。
新築を建てる時にするのはなぜか?を解説していきます。
地鎮祭とは、その土地の神様を鎮めて挨拶をし、この時を使用することの許しを得ることをいうのです。
神様に挨拶をすることで、土地の仕様を許可してもらうことになります。
地域の信仰によってそれぞれではありますが、大体は神式で行うことが多いようです。
日程調整を行い、建て主と神主さんと工務店の都合がついたときに執り行うのが普通です。
建築の日取りが大体決まったら地元の神主さんに依頼し、エリアを管轄している神主さんに頼むのが習わしです。
日取りがあえば、祈祷を上げてもらうのですが、玉串料がいるので準備が必要です。
相場としては3万円から5万円であり、式がつつがなく終了した後に、神主さんにお渡しするのが習わしといえます。

上棟式は新築の住まいづくりでは必要な儀式

新築住宅を建てる場合、いくつかの行事や儀式があり、その中で重要視されているのが、地鎮祭や上棟式です。
上棟式は新築住宅の骨組みが完成した段階で行われる儀式であり、工事が順調に進んでいることに感謝し、その後の工事も無事に終えること、きちんと家が完成できることを祈るために行われます。
地域によっては棟上げ式や建前式と言われることもあり、昔は多くの新築住宅で行われている儀式でした。
近年では簡素化の傾向があり、省略することが多いです。
この儀式の日は朝から棟上げの作業が行われ、鬼門と言われる方向に魔除けの効果があると言われている幣束を飾ります。
建物の四隅には塩やお米、酒をまいて場を清め、幣束に向かい二礼二拍手一礼で祈願を行います。
餅まきを行うところもありますができるだけ早い時間で終えることを目的とし、餅まき自体も行わないことが多いです。
なお日が良いとされる大安や友引、先勝に行うことが多く、さらに棟上げ作業を終えてから行われるため午後に執り行われています。

竣工式は新築の住まいが完成したことを祝う行事

建物を新築しようとする場合には、その過程で地鎮祭や上棟式などのさまざまな儀式をともなうのがふつうです。
そのなかに竣工式が挙げられますが、これは新築した建物の工事がすべて完了して引き渡しを受けるタイミングで、住まいの完成を祝う行事として催されるものです。
もちろん住宅以外のデパートやレストランなどの商業施設、オフィスビルなどの業務施設であってもこうした行事が盛大に開催されるケースはめずらしくありません。
住宅の場合には近くの神社から神主を招いてお祓いをしてもらい、続いて工事にたずさわった関係者に料理や飲み物をふるまい、感謝の意を伝えてねぎらいをするのが通例です。
もっともこのような竣工式はかならず開催しなければならないのかといえば、決してそうではありません。
商業施設や業務施設の場合とは異なり、住宅であれば堅苦しい儀式の部分は省略することも少なくはありませんし、予算や手間を考えて開催しないという選択肢もあり得ます。

新築の住まいに利用するフローリングは無垢と複合の2つが代表的

新築の住まいに利用するフローリングは、無垢材と複合の2つが代表的なものです。
複合は合板とも呼ばれるもので、リーズナブルで量産されているものですがこだわりが強い方は天然木を選ぶ傾向にあります。
新築時には、注文住宅の場合好きな材料を選ぶことができるのがメリットです。
パインやオーク材など、数多くの木材の種類から選ぶ事が出来てそこに仕上げで色を塗ったりすると更に個性を出すことができます。
手間や費用は掛かりますが、温かみがあったり天然木独特の風合いを楽しむことが可能です。
合板に比べると、冬場の足の冷えなども軽減できる点も特徴です。
新築の住まいでは、合板のフローリングにするとコストを下げられるメリットがあります。
色やメーカーなども色々なタイプから選ぶことができますし、天然木にすることはできなくてもインテリアに合わせられるタイプも多いです。
住宅を新築する際には、床材を選ぶのも楽しみの一つと言えるでしょう。

新築に関する情報サイト
理想の家を建てるには

このサイトは家づくりをする前から知っておくと役に立つ新築住まいの雑学を紹介することによって、理想の家を建てるにはどうしたら良いか詳しく理解できるように工夫しています。 無垢フローリングなら天然木の香りを取り入れるのが良いのですが、その方法に関して詳しく載っているので大変役に立ちます。 また内装で選びたい壁材の種類についても色々と情報が載っているのでそれも確認することができますし、その他にも必要な情報を掲載しているのでとても評判が良いです。

Search